ヒアルロン酸の特徴

ヒアルロン酸は、化粧品などの美肌成分として広く普及しています。水分をたっぷり包み込むことができるヒアルロン酸は、肌の角質層に存在し、エラスチンやコラーゲンと共に肌のハリを作っています。 ヒアルロン酸がもたらす効果は、美肌だけではありません。関節痛や更年期障害、生理痛にも有効です。ヒアルロン酸が関節痛対策にいいことは、テレビCMなどでご存知でしょう。骨と骨との間にある関節液に、ヒアルロン酸が入っているからです。ヒアルロン酸が減少してしまうと関節液が少なくなり、骨同士がぶつかって痛みを感じるようになります。

卵巣の働きをサポートする性質もあり、生理痛を改善してくれます。女性ホルモンの分泌にも影響を与えるので、更年期障害の改善にも役立っています。

さまざまな目的に効果を発揮するヒアルロン酸ですが、低分子と高分子の2種類があります。どちらがいいか悪いかは、一概にはいえません。目的によって、どちらが合っているかが異なるためです。化粧水などの配合成分では、低分子ヒアルロン酸を選びましょう。高分子では分子のサイズが大き過ぎて、肌に浸透していきません。一方高分子ヒアルロン酸は、腰やヒザなどの治療に適しています。

ヒアルロン酸について知ることは、さらに美肌に一歩近づくことになります。本サイトで特徴をご紹介していますので、ぜひご一読ください。ヒアルロン酸の持つ役割、目的によってどんな種類を選べば効果的なのかなど、本サイトで取り上げています。